クリーニングトラブルの対処法

MENU

クリーニングトラブルの対処法

クリーニングから戻ってきた衣類が、いつも満足できる状態とは限りません。汚れが落としきれていなかったとか、変な折りジワがついていた、というぐらいなら、もう一度クリーニングしなおしてほしいとお願いすることができます。では、それ以外のトラブルが発生してしまったらどうしたらいいでしょうか?

 

よくあるトラブルとは?

 

もう一度クリーニングをお願いしてもどうにもならない…というトラブルで多いのは、縮みや型崩れ、傷です。特にニットなどは多いですね。クリーニングに出したことで、サイズが一回り小さくなってしまったとか、袖や襟、裾が伸びてしまったというようなトラブルです。その他の素材では、他の衣類とひっかかった傷ができてしまったとか、首回りが伸びてしまった、などのトラブルが多いです。

 

その次に多いのは、装飾品の紛失でしょうか。ボタンやスパンコールなど、装飾品がついている衣類なのに、戻ってきたときには取れていた…といったトラブルもあります。装飾品も衣類の一部ですし、同じボタンやスパンコールを取り付けるにしても、全く同じものを手に入れるのは難しいでしょう。

 

トラブルに対処する方法

 

トラブルが発生した場合、まずは依頼したお店に問い合わせをしてみましょう。自宅から出向ける範囲にあるお店なら、実際に衣類を持っていき、状態を説明してください。

 

クリーニング業者はクリーニング事故賠償基準に基づいて、賠償金額を定めて対応してくれます。着用していた年数によっても衣類の価値が異なるため、新品そのままの金額というわけにはいきませんが、基準を参考にちゃんと賠償してもらえます。

 

クリーニング業者側からトラブルを解決するための提案などがあればいいのですが、クリーニング業者によっては、うちには責任がないとか、確認してみないとわからない…などと責任をあいまいにする恐れもあります。もちろん本当にクリーニング業者には責任がない場合もあるのですが、責任があるのにあいまいにするのであれば、違う方法を考えなくてはいけません。消費者センターなどを利用して、賠償してもらえるように働きかけましょう。

 

特に最近便利で利用しやすくなった宅配クリーニングは、直接やり取りができないのでトラブルが発生したときに面倒ですが、こまめにやり取りをしてできるだけ早く解決できるようにしましょう。クリーニング業者はプロとはいえ、ミスが全くないかといえば、そうではありません。トラブルが起きてしまったときは、業者と話し合って解決できるといいですね。