クリーニングの依頼前にやっておくべきこと

MENU

クリーニングの依頼前にやっておくべきこと

衣類のクリーニングを依頼する場合、着ていたものをそのまま業者に預けていますか?そのまま預けるだけでは、後でトラブルになる恐れがあるため、ちゃんと依頼前にやっておくべきことがあります。

 

どこの汚れを落としたいのか明確にする

 

クリーニングに依頼するきっかけが、汚れが付着したから、という明確な場合は、ちゃんとどんな汚れを落としたいのか自分で説明できますね。でも、季節の変わり目などでシーズンが終わった衣類をまとめて依頼する場合、確認しない人は多いです。自宅で洗うのも面倒だし、長くしまっておくものだから自宅で洗わずに業者に…という何となくの気持ちで預ける人が多いため、ひとつひとつの衣類をしっかりとチェックしないのです。実は汚れていても、気づかない衣類って多いですよね。こんなところ汚れてた?と思ったことはありませんか?

 

気付いていない衣類の汚れは、業者側も見落とす恐れがあります。依頼する前に、面倒でも1着ずつ汚れがないか、どんな汚れを落としてほしいか、確認してください。それを伝えておくと、ちゃんと汚れを落としてくれます。別料金になることもありますが、ちゃんと汚れが落ちてくれて、次のシーズン気持ちよく着ることができますね。

 

付属品のほつれやポケットの中はチェック

 

ボタンやレース、スパンコールなど…おしゃれな洋服には装飾品や付属品があります。それらをちゃんと確認しましょう。もうすぐ取れそう…という状態で依頼してしまうと、クリーニングで完全に落ちてしまう恐れがあります。大事な衣類も台無しになってしまいます。

 

またポケットの中身も、知らない間に何か入れて忘れているかもしれません。お店や工場でもチェックしますが、自分で確認して何も入れていない、という状態で依頼しましょう。そのほうがやり取りもスムーズですし、万が一のトラブルも避けられます。

 

洗い方や料金の確認

 

何も考えずに持っていくと、これは染み抜きが必要とか、こうしたほうがいいとか…お店の人の意見を聞くことができます。その意見を聞くことも大切なのですが、すべてそのまま受け入れていると、想像よりも料金が高くなってしまいます。またどうするか迷ってしまって、依頼にも時間をかけてしまうでしょう。あらかじめ、どんな洗い方がしたいのか、どんな風に仕上がってほしいのかを確認しておけば、依頼もスムーズで料金もあらかじめ計算しておくことができます。

 

事前の準備はクリーニングの依頼においても大切です。自分の衣類ですから、事前準備をしっかりおこないましょう。